Python を仕事で使うための最低限の準備

Python を仕事で使うために必要なものを考えてみた。 何をするかによっても当然違うが、 まずはスクリプトを書いて、サーバで実行してみるために必要な準備を考えてみた。

1) エディタ(IDE)  PyCharm というPython統合開発環境があって、これが一番ポピュラーとされている。  PEP(Python Enhancement Proposal)8 というコーディング規約のチェックもしてくれるので、  結果、綺麗なコードを書ける。

www.jetbrains.com    正直、PyCharm一択かと思っていたが、  Spider を使っている方も割と多いみたい。  科学計算向けではあるようで、  Anaconda をインストールすると、Spyder もインストールされるよう。

 あとは、Visual Studio Code も使っている方もいらっしゃるようです。

 普通のテキストエディタVim もいらっしゃるけど、  コマンドでシンタックスチェックして頑張れるかもしれない。    python -m py_compile sample.py  

2) ロギング

 Python を始めると、最初のうちは、print() をデバッグに使っているでいいんですが、  コマンドラインでユーザに見えるものなので、  デバッグ目的で使っていると当然不要な情報が見えてしまう。  仕事で使うとなると、ロギングを考えたいです。    当面は、logger を使う方が良い。

 公式のチュートリアルを読みたいと思う。

Logging HOWTO — Python 3.6.3 ドキュメント